顎変形症の治療法

顎変形症に必要な治療とは

顎変形症に必要な治療とは

顎変形症の治療には、事前の検査がとても大切になります。検査結果を基に、抜歯や手術の必要性や治療法、また開始時期などを決定するためです。

誰もが顔の骨格に多少のずれを持っており、ずれが小さい場合には手術の必要はなく、一般的な歯列矯正治療によって症状を改善させることができます。しかし、ずれが極端に大きく歯列矯正治療では対応できないケース、つまり顎変形症の場合には、手術をともなう外科矯正が必要です。

とはいっても、いきなり手術から入るケースは少なく、多くの場合矯正治療から始めます。 外科手術を担当する形成外科・口腔外科と、矯正歯科が連携をとって進めていく形になるのです。 顎変形症の治療には保険が適用できますので、まずはお気軽にご相談ください。

外科矯正治療のメリット・デメリット

外科矯正治療には、メリットとデメリットがあります。当院ではその両方をよくふまえ、患者様によい結果をもたらす治療を選択していきます。

メリット
  • 一般的な歯列矯正では対応できない症例に対し、治療が行える
  • 顔貌(がんぼう:輪郭や横顔など、顔つき)のバランスを、大きく改善できる
  • 歯や歯周組織に負担をかけない
  • 症例によっては治療期間が短縮できる
  • 保険が適用できるため、治療費を抑えられる
デメリット
  • 全身麻酔をともなう手術が必要
  • 手術後に、部分的に皮膚の感覚が通常と異なることがある
  • 外科手術に必要な検査や入院が必要になる
イメージ

理想の顔とは

美しく機能性にも優れた横顔のラインを、「エステティックライン」と呼びます。 「横顔の美しさ」と「理想の噛み合せ」はイコールであり、このエステティックラインに沿った横顔が、理想の顔の基準とされています。また、SN-lineという基準があり、鼻の下から地面に垂直な線を引いたとき、上唇が3mm出て、下唇が1mm引っこんでいて、 顎 6mm引っこんでいるのは日本人の標準です。

顎関節症には、外科治療と矯正治療を並行して行います。詳しくは、こちらをご覧ください。
特殊な矯正治療
口唇口蓋裂
口唇口蓋裂とは
口唇口蓋裂の矯正治療
口唇口蓋裂でよくあるお悩み
顎変形症
顎変形症とは
顎変形症の治療法
顎変形症と矯正治療
受け口・出っ歯・顔の歪みでの外科矯正
外科矯正でよくあるお悩みQ&A
顎関節症
顎関節症とは
顎関節症と噛み合わせの関係
顎関節症の診断と治療
顎関節症でよくあるお悩みQ&A
ページの先頭へ戻る