顎変形症とは

顎の成長異常による「顎変形症」について

顎の成長異常による「顎変形症」について

成長過程において、顎の発達に異常が生じて起こる「顎変形症」。上顎または下顎の片方、あるいは両方が正しく育たず、顔面の変形や噛み合わせ異常などの症状が現れることを言います。

一般的な矯正治療で治る程度の症状ではなく、基準としては外科的矯正治療(手術)が必要となるほど骨格に異常が生じている場合に、「顎変形症」と診断されます。なお、治療には保険が適用されますので、お気軽にご相談ください。

顎変形症の特徴・原因・症状

見た目の特徴とは?

次のような特徴が見られる場合、顎変形症の可能性があります。

  • 顎が大きく曲がっている
  • 顔を横から見ると顎が細長く、三日月形になっている
  • 極端に出っ歯が目立っている
  • 極端に受け口が目立っている
  • 口を閉じても前歯が上下に噛み合っていない   etc……
症状を招く原因とは?

顎変形症をそのままにしておくと、次のような症状が招かれます。

  • 食べ物がうまく咀嚼できない
  • 発音に支障が生じる
  • 口がうまく閉じられない   etc……

顎変形症の原因には、「遺伝」と「環境」の二つが考えられます。「遺伝」においては、特に下顎の大きさなどに影響しやすくなります。成長期に身長が伸びるのと一緒に顎が成長しますが、その際に遺伝による小さな顔の歪みや受け口などが目立つようになるのです。

放置するとどうなるのか

顎変形症はこのように見た目に悪影響を及ぼすだけでなく、食事や呼吸、会話などにも支障をきたします。 これを放置すると歯に過剰な負担が掛っているので、歯が悪くなり易く、一度悪くなってしまうとその修復が非常に困難になります。 毎日を健康に過ごすためには、治療を受けることが必要です。顎変形症の治療については、お気軽に当院までご相談ください。

顎変形症の治療は、保険の適用が可能です。詳しい治療内容などの情報については、こちらをご覧ください。
顎変形症の治療方法
保険の適用について
特殊な矯正治療
口唇口蓋裂
口唇口蓋裂とは
口唇口蓋裂の矯正治療
口唇口蓋裂でよくあるお悩み
顎変形症
顎変形症とは
顎変形症の治療法
顎変形症と矯正治療
受け口・出っ歯・顔の歪みでの外科矯正
外科矯正でよくあるお悩みQ&A
顎関節症
顎関節症とは
顎関節症と噛み合わせの関係
顎関節症の診断と治療
顎関節症でよくあるお悩みQ&A
ページの先頭へ戻る